プロアクティブ

プロアクティブ+お試しセット購入!効果レビュー始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プロアクティブお試しセット

プロアクティブ+実証実験始めます

プロアクティブプラスを購入しました。

私の頑固なニキビに効果を発揮してくれるのか!?

人体実験を実況中継していきます!
プロアクティブ

プロアクティブ+セット内容

まず今回購入したのは、「プロアクティブ 3ステッフ゜セット(30日サイス゛)」

4,900円+送料600円で5,500円。

 

特典で

・電動洗顔フ゛ラシ(シリコンフ゛ラシ付)
・ローラー付き美容液

も付いてきました!

 

 

 

この内容で5,500円はお買い得!?

まぁ効果があればですけど。ww

 

ベースの3つがコレ。

左から、

・洗顔料(スキン スムージング クレンザー)
・美容液(ポアターゲティング トリートメント)
・クリーム(スキン ブライトニング ハイドレイター)

 

それから特典1つ目、電動洗顔ブラシ「ディープクレンジングブラシ」

 

特典2つ目、ローラー付き美容液(スキンクーリングセラム)

 

以上5点がセットで送られてきました。

 

プロアクティブ+使い方

①洗顔料(スキン スムージング クレンザー)

顔全体を濡らしたら、ティースプーン約1杯分を肌にのばす。

→電動洗顔ブラシを使う場合は②へ

電動洗顔ブラシを使わない場合は、以下。

目の周りや唇を避け、やさしくマッサージするように洗う。
ぬるま湯でよくすすぐ。特に顎や生え際にクレンザーが残らないようにしっかりとすすぐ。
清潔なタオルで優しく押さえるように水分を拭き取る。

※1日2回朝晩の使用

 

②電動洗顔ブラシ「ディープクレンジングブラシ」

顔全体を濡らし、スキン スムージング クレンザーを目の周りを避けて塗り広げる。
ブラシ部分を濡らし、電源スイッチを入れる。
ブラシを肌にそっと触れる程度に当て、上方向に円を描くように動かす。
顔全体で約1分を目安にする。
洗顔料を洗い流し、清潔なタオルで顔を拭く。

ブラシ部分もきれいに洗い、水気を切って風通しのよいところで乾かす。

 

③ローラー付き美容液(スキンクーリングセラム)

これは週に2〜3回の使用だそうです。

※キャップをした状態で冷蔵庫に保管しておく

キャップを取り、先端部分を回転させて矢印の位置をONに合わせる
軽くチューブ部分を押しながらローラーを転がす
手で美容液を肌になじませる
矢印を「OFF」の位置に合わせ、ローラーをティッシュできれいにし、キャップをして冷蔵庫に戻す

 

 

④美容液(ポアターゲティング トリートメント)

「スキン スムージング クレンザー」を使用後、パール粒大を目安に手にとって、目の周りを避けて顔全体にこすらないよう薄くのばす。
肌にしっかりとなじむよう、ハンドプレスする。
(顔を両手で覆うようにして、手のひらでゆっくりおさえてなじませる)

※1日2回朝晩の使用

⑤クリーム(スキン ブライトニング ハイドレイター)

ステップ2の「ポアターゲティング トリートメント」が肌になじんだら、パール粒大目安を手にとって、目の周りを避けて顔全体にやさしくのばす
こすらず、肌にしっかりとなじむよう、ハンドプレスする
※1日2回朝晩の使用

 

という流れだそうです。

(参考)ニキペディア

 

プロアクティブ+実況中継スタート!
【プロアクティブ効果0日目】

では、いよいよプロアクティブ+を試していきます。

果たして効果はあるのか!?

使っていない現在、ニキビの状態はこんな感じです。

 

なかなかですね〜。

ちなみに最近のお手入れ方法は、

夜のお風呂で洗顔料を使った洗顔。
朝は水だけで洗顔。
日中、皮脂が気になってきたら水だけで洗顔。
たまに皮膚科で処方された薬(ベピオ)を塗ったり、ホームピーリングをやったり。

という感じでした。

 

夜の洗顔に使っていたのは、泡の無添加ボディソープ。

 

 

ちなみにこの無添加ボディソープを使い始めたキッカケは、皮膚科医さんの著書で、洗顔は水だけが一番!みたいな情報を仕入れてから。

実際、私の場合は皮脂が多いので水だけだと、ニキビが増えたのです〜。

で、そういう人は無添加石鹸!という感じでしたので、無添加ボディソープで洗顔を続けていました。

もう何年も。

調子悪くはなかったんですが、ここ最近ニキビの出現率が増えてきました。

 

ということで、久しぶりに何か試してみようと思い、今回プロアクティブに挑戦です。

 

それではまた次回のニキビ中継でお会いしましょう。

 

プロアクティブのレビュー記事を追加しました

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*