治らない大人ニキビをたった2週間で治すカンタンな方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ニキビ闘病記録

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法




ニキビに悩む私はいつもこんな心境でした。

  • ニキビ肌を人に見られる恐怖。
  • 人と会うことがイヤになってしまうほど憂鬱な気分。
  • 思春期の少年でもないのに何故…。
  • 憎き大人ニキビ。
  • 美肌が世間でチヤホヤされる中、自分の肌は…。
  • ニキビ・吹き出物で悩む人にしか分からないツラさ。
  • ニキビさえなければ人生もっと楽しかったはずなのに!

鏡で自分のニキビ肌を見る度に、そんなことを思ってしまいます。

必死になって治したいと思って、様々な対策をとってみてもなかなか治らない。治ったと思っても繰り返す。
特に大人ニキビの典型とも言われる口の周りやアゴのニキビは治っても治っても繰り返します。

しかし今回!どんなに原因を調べても、どんなに良いと言われる方法を試してもダメだった方に朗報をお伝えすることができます!
根本的なニキビの原因に対してのアプローチで、新しいニキビができないようにする方法です!

たったの2週間、カンタンな方法を実践するだけで、そんな夢のような未来がやってきます。

これで憎きニキビにサヨナラです!
それでは本文をご覧ください!

大人ニキビ治す方法

 

この記事の本題は「ニキビの根本原因へのアプローチで、新しいニキビができないようにする方法」です。

それも、たったの2週間、カンタンな方法を実践するだけで。

重症ニキビで巷に出回っているニキビ対策はやりつくした!という方は、今回ご紹介する方法を是非試して頂ければと思います。

 

本題に入る前にニキビの基本的な部分をおさらいしておきます。
より深くご理解頂くためには最初から読み進めて頂ければと思いますが、結論だけ知りたい!という方は、「ニキビの根本原因」の章からお読み下さい。(目次からジャンプできます)

また、ニキビが軽度の方は基本的な部分でご紹介する方法で治すことも可能だと思いますので、参考にしてみてください。

 

ニキビの定説

どうしてニキビができるのか(原因)、できないようにする為には(予防法)について、一般的に言われている定説をご紹介します。
軽度のニキビの方や、たまに吹き出物が出てしまうくらいの方は、ここを読んで対策して頂ければ良いかもしれません。

しかし正直、私のような重症大人ニキビを患うタイプの人には、あまり効果がないかもしれません。
というか、もう知ってるよ!もう何度も試したよ!耳タコだよ!といった感じかもしれません。
そういった方は「ニキビの根本原因」の章まで読み飛ばして頂ければ大丈夫です。

 

 ニキビの原因(定説)

ニキビの原因はいくつもありますが、代表的なものを内部要因と外部要因に分けてご紹介します。

 

内部要因

内部要因とは、カラダの内側が主な原因となっているものです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 胃腸が弱っている
  • 暴飲暴食
  • アルコール
  • タバコ
  • 寝不足
  • ビタミン不足

以上のような要因によって、

  • 皮脂の分泌が活発化
  • 肌の修復機能が弱まる
  • 肌のターンオーバー周期が乱れて角質が溜まる

といったカラダの反応が起こってしまい、ニキビの発生に結びつくのです。

 

外部要因

外部要因は、カラダの外側に原因となっているものです。

  • 手や髪の毛が触れることによる刺激
  • 髭剃りによる皮膚へのダメージ
  • 食べ物・飲み物の付着で汚れやすい
  • メイク用品からの刺激
  • 肌の乾燥

外部からの刺激を受けることで、肌細胞がダメージを受け、傷ついてしまいます。また雑菌の侵入経路にもなり、ニキビの発生に結びついてしまいます。

 

 ニキビのケア方法・予防法(定説)

できてしまったニキビを治す方法というのは、基本的には皮膚科の領域です。抗生物質などの内服薬や、ダラシンTゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルなどの塗り薬を処方してくれるでしょう。
もしくは自然に治ってくれるのを待つしかないのです。

無理に治そうとして潰してしまったり、隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまえば、余計に悪化させてしまうだけです。

正しいニキビケアとは、新たなニキビが出てこないように、いかに予防するかが大切なのです。

 

カラダの内側からのニキビケア

カラダの内側からニキビを予防するには、上でご紹介したようなニキビの原因(内部要因)を取り除いてあげることが重要です。

  • 適度な運動や趣味の時間を確保するなど、積極的にストレス解消を図る
  • 暴飲暴食を避けて胃腸への負担を軽減させる
    ◎積極的に摂取:ハーブティ、牛乳、野菜、豚肉、納豆、ヨーグルトetc
    ・避けたいもの:アルコール、脂質・糖質の多いもの、スナック菓子etc
  • バランスの良い食事
  • 睡眠時間を確保する(22時には就寝)
  • サプリメントなどでビタミンの補給

このように生活習慣の改善をすることがニキビ予防に繋がってきます。
生活習慣が乱れていると、ニキビだけではなく将来的に大病を患うリスクも高くなりますよね。これをきっかけに生活習慣を改善し、大きな病を未然に防げると思えばニキビは良いサインなのかもしれません。

 

カラダの外側からのニキビケア

カラダの外側からのニキビ予防はこの2点が重要になります。

  • 保湿
    肌が乾燥すると、皮膚を守るために皮脂が分泌されます。その皮脂がニキビの原因となってしまうのです。
    適切なスキンケアで肌を保湿してあげることによって、過度な皮脂の分泌を防ぎます。
  • ダメージを与えない
    手で顔を触るクセがある方は注意を。また特に男性は髭剃りによって大きなダメージを与えてしまいます。ニキビ肌の方向けの髭剃り方法を別の記事で書いていますので、詳しくはそちらをご覧頂ければと思います。

 

ニキビの根本原因

ここまではニキビの原因と治し方・ケア方法について、一般的なことをご紹介しました。
軽症ニキビの方や、たまに吹き出物が出来るくらいの方は是非参考にしてみて下さい。

一方、私のように繰り返しの大人ニキビに悩む重症ニキビ患者の方にとっては、耳タコな情報だったかもしれません。分かってるよそんなこと!生活習慣の改善も努力してるし、スキンケアだってちゃんとやってるし、それでも治らなくて困っているんだ!とお叱りの声が聞こえてきそうです。

そんな方はこの先を読んでみて下さい。今まで何をしても改善しなかたニキビが、治ってくれるかもしれません!
(私は医者ではありませんので、治るという表現はNGかもしれません。あくまでニキビに悩んでいた一般人が、この方法でよくなったという一例です)

 

まずはどうしてニキビができるのか、その根本的な原因・メカニズムを理解しておきましょう。

ちなみにニキビが出来る根本的な原因は、大人ニキビも思春期ニキビも同じです!つまりここから紹介するニキビの根本的な予防は、大人ニキビの方にも思春期ニキビの方にも当てはまります。

 

ニキビができるメカニズム

  1. 毛穴の奥の皮脂腺から、皮脂が分泌される
  2. 皮脂と古い皮膚(角質)から、角栓が形成される
  3. 角栓が毛穴をふさいでしまう
  4. ふさがった毛穴に皮脂が溜まっていく
  5. 皮脂をエサとしてアクネ菌が増殖する
  6. アクネ菌が増殖し、毛穴内部が炎症を起こす=赤ニキビ

※ちなみにアクネ菌を悪者のように言い、アクネ菌を退治!みたいなニキビケア商品もありますが、アクネ菌は悪いものではありません。誰の肌にも住み着いている常在菌で、肌を正常に保つ役割を担っています。
アクネ菌自体は悪者ではないのですが、アクネ菌が増殖しすぎてしまって炎症を起こすとニキビになってしまうのです。

ニキビはこのようなメカニズムで出来てしまいます。

つまり、角栓が毛穴をふさぐことさえなければ、ニキビはできないのです。

では角栓はなぜできるのでしょうか?

答えは過剰な皮脂です!

皮脂が過剰に分泌される → 角栓ができやすくなる → 毛穴が詰まる → ニキビができる

これがニキビの発生メカニズムです!

皮脂が過剰でなければ角栓も作られにくく、ニキビになりません。
皮脂が過剰でなければ角栓で毛穴が詰まっても、ニキビにならない人もいます。

全ては過剰な皮脂が原因だったのです!

皮脂過剰なのに化粧品で保湿?ニキビ悪化しますよ。

私はこの情報を知ったとき、解けないパズルが一気に完成したような感覚でした!これまでの経験や情報が見事に繋がって、すーっと腑に落ちたのです。

たしかに私は皮脂が多いと感じていました。半日もすれば顔は脂っぽくなります。スマホで電話をすれば画面はベトーっと脂で汚れますし、顔を触れば指が脂で光ります。

かつて色々なニキビケアの化粧品を試しました。
乾燥がいけないのだと言われ、化粧水・美容液・乳液・クリームをしっかり塗っていた時期もあります。
そのようなケアをしているときは、ニキビは良くなるどころか悪化していました。

元々皮脂が多い顔に、さらに油分を塗りたくっている状態。ただでさえ過剰な皮脂なのに、さらに過剰にさせていたのですから、当然ニキビは増えますよね。

下手に保湿目的の化粧品を塗らなくなると、ニキビはおさまっていくという経験をしていました。

それでも完全に治るわけではありません。外から油を足すのを止めただけで、カラダの内側から分泌される皮脂が過剰であることには変わりなかったのですから。

一般的にニキビの原因と言われていることは全て間接的要因でしかない

上でご紹介した、ニキビの原因を思い出してみてください。
ホルモンバランスの乱れ、ストレス、胃腸が弱っている、暴飲暴食、アルコール、タバコ、寝不足、ビタミン不足、肌の乾燥etc…

これらは一般的にニキビの原因と言われており、これらの原因をケアすることでニキビを予防しましょう、というのが一般的なニキビケアのアプローチです。
しかしこれらは全て間接的要因でしかなかったのです!

つまり、全ては皮脂の過剰分泌に繋がるからニキビの原因とされているのです。

ニキビ予防には、

  • 適度な運動や趣味の時間を確保するなど、積極的にストレス解消を図る
  • 暴飲暴食を避けて胃腸への負担を軽減させる
    ◎積極的に摂取:ハーブティ、牛乳、野菜、豚肉、納豆、ヨーグルトetc
    ☓避けたいもの:アルコール、脂質・糖質の多いもの、スナック菓子etc
  • バランスの良い食事
  • 睡眠時間を確保する(22時には就寝)
  • サプリメントなどでビタミンの補給

これらの対策をしましょう!と一般的に言われますが、全ては皮脂の過剰分泌を抑えるためなのです。

 

大切なのでもう一度言っておきます。

皮脂の過剰分泌がニキビの根本的な原因です!

 

ニキビの根本原因【皮脂過剰】を解決する方法

ニキビの根本的原因は皮脂の過剰分泌です。
しかし皮脂が過剰に分泌される原因はたくさんあります。ホルモンバランス、ストレス、胃腸、食生活、睡眠etc...
だからニキビのできやすい人は、原因を潰すことができず、繰り返すニキビに悩み続けることになってしまっているのです。

そもそも皮脂が過剰に分泌されるというのは、体質の問題です。

世の中には何もしなくてもニキビとは無縁の人もいます。
スナック菓子は食べる、夜更かしはする、酒もタバコも好きなだけやる、、、。
それでもニキビができない人もいますよね。体質なのです。

不運にも皮脂が過剰に分泌されるという体質で生まれてしまった人は、ニキビで悩むことになってしまっているのです。
ニキビ体質の人は、一生懸命になって生活習慣の改善をしても、ニキビが治るには至りません。

でも、もう大丈夫!過剰な皮脂を抑える方法をお伝えします!

 

 皮脂を抑制する栄養素『パントテン酸』

過剰な皮脂の分泌を抑える方法は、パントテン酸を摂取することです。

パントテン酸とは、かつてビタミンB5とも呼ばれていたビタミンB群に含まれる物質です。
コエンザイムA(補酵素A, CoA)の構成成分であり、糖代謝や脂質の代謝に重要な役割を担う物質なのです。

体内で脂質(皮脂)の代謝(分解)が適切に行われないと、皮脂が過剰となりニキビの原因になると言われます。
ニキビ体質の人は、コエンザイムAの生成が少ないので、皮脂過剰になっている可能性が高いのです。

パントテン酸を多めに摂取することで、コエンザイムAの生成が促進され脂質の分解が進み、皮脂の量が抑えられるのです!

 

 

パントテン酸の効率的な摂取方法

ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌です。
皮脂の過剰な分泌を抑えるには、パントテン酸の多めの摂取が効果的です。

ではパントテン酸を効率的に摂取するには、どのような方法があるでしょうか。

答えはズバリ「パントテン酸のサプリメント」です。

パントテン酸はあらゆる食物に含まれており、パントテン酸が欠乏することによる健康被害はほとんど見られないという栄養素でもあります。
しかし皮脂の分泌量を減らすという目的を達成するためには、多めの量を摂取する必要があるため、効率的に摂取できるサプリメントがオススメです。

 

パントテン酸の摂取量めやす

皮脂の分泌量が減るという効果を実感するまでは、1日に2〜3g(2,000mg〜3,000mg)のパントテン酸を摂取するのが望ましいようです。

効果が現れるほど体内に蓄積されるまでは、多量に飲んでいくことがおすすめなのです。
個人差はありますが、早い人で2週間、遅くても2ヶ月程度で、皮脂が減っているという実感が得られるようです。

効果が実感できた後は、1日500〜1,000mgを継続して摂取していきます。

ちなみに厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によれば、パントテン酸の1日の摂取量目安は5mgです。
ですから、2,000mg〜3,000mgというのは、かなり多めの量になりますが、パントテン酸は水溶性ビタミンですので、過剰に摂取したとしても余剰分は尿として排出されてしまいます。パントテン酸を過剰に摂取することによる健康被害は報告されていません。

元々皮脂の代謝が行われづらい体質ですから、相当多めに摂取して改善を目指すという方針です。

 

☆皮脂の分泌を抑える為の、パントテン酸の摂取量目安☆

  • 飲み始め〜効果が実感できるまで:1日に2〜3g(2,000mg〜3,000mg)
  • 効果が実感できてから:1日500〜1,000mg

 

オススメのパントテン酸サプリメント

パントテン酸という栄養素は、市販のビタミン系サプリメント、特にビタミンB群のサプリメントにはだいたい含まれています。
しかし今回摂取したいほどの多くの量を含んでいるサプリメントは、ほとんどありません。

たとえば、ニキビケアで有名なチョ◯ラBBでは、1日量2錠中に20mgしか含まれていません。
また一般的なビタミンB群のサプリメントなんかでも、40mg程度のものが普通です。

チョコラBBパントテン酸含有量ニキビ闘病記録   ビタミンBサプリメントのパントテン酸含有量ニキビ闘病記録
※写真(左)がチョ◯ラBB、写真(右)が某大手ドラッグストアのPB商品

 

これらのサプリメントや医薬品で、目標量を摂取しようとすれば、1日に50粒や100粒飲まなければいけません。
それは現実的ではありませんし、金銭的な負担も大きくなってしまいます。

そこでオススメのパントテン酸サプリメントは、「now社のパントテン酸」です。

now社パントテン酸サプリメント

now社のパントテン酸は、1カプセルあたりのパントテン酸含有量が500mgと、圧倒的に多いのが特長です!
さすがサプリメント大国アメリカ製といった感じです。

ちなみにアメリカは医療保険が義務化されておらず、病気になっても日本ほど気軽に医者に行くことが出来ないため、予防医療が発達し、サプリメントを飲むことが日本よりも一般的なのだそうです。

このサプリメントなら、1日に4カプセル飲めば2,000mgのパントテン酸が摂取できます。
250カプセル入りで1,300円程度ですので、1カプセル約5.2円。1日20円ちょっとのコストですから現実的ですね!

 

パントテン酸の効率的な摂取方法まとめ

☆皮脂の分泌を抑える目的なら、パントテン酸の摂取量はこれくらい!

  • 飲み始め〜効果が実感できるまで:1日2〜3g(2,000mg〜3,000mg)
  • 効果が実感できてから:1日500〜1,000mg

☆now社のパントテン酸で摂取するなら

  • 飲み始め〜効果が実感できるまで:1日4〜6粒(2,000mg〜3,000mg)
  • 効果が実感できてから:1日1〜2粒

※now社以外にもアメリカ製のサプリメントでしたら、同程度のパントテン酸含有量のあるサプリメントはあると思いますので、お気に入りを探して頂いても良いと思います!now社のパントテン酸は、実際にこの方法でニキビを減らすことに成功している方々がよく使っているので、代表としてご紹介しました。

 

【重要】パントテン酸の『もっと』効率的な摂取方法!!

ここまでで、ニキビを治す為にはパントテン酸を摂ると良いということは分かって頂けたでしょうか。
次は、もっと効率的にパントテン酸を摂取する方法をご紹介します!ここ重要です

実はパントテン酸がニキビに良いという情報を得て、飲んでみたけど効果が無かったという経験をお持ちの方もいらっしゃいます。
そんな方も、以下の方法を実践することで、以前とは違った結果が得られると思います!

 

パントテン酸と乳酸菌の相乗効果

パントテン酸の『もっと』効率的な摂取方法とは、乳酸菌と一緒に摂取することです!

乳酸菌を摂取することで一般的には、

  • 腸の状態を整え、消化・吸収を促進
    →カラダに良い物を取り込み悪い物は出すという腸の働きを正常化することで、体全体を健康に保つ。

結果として、、、

  • 下痢・便秘の改善
  • 健康なカラダを保つことでストレスが溜まりづらくなる
  • ホルモンバランスの改善
  • 自律神経の正常化
  • 免疫力アップ
  • 体質改善
    → 一年中健康的で元気なストレスフリーな生活を満喫!

乳酸菌は健康的な生活を送る上で、かなり有効なのです。

 

ニキビに対してはというと、乳酸菌の働きによって、良い物を取り込み悪い物は出すという腸の働きが活発になります。
それにより、摂取したパントテン酸が効率的に吸収できることが、直接的なポイントとなります!

パントテン酸でニキビを治した人達の経験則によれば、乳酸菌とパントテン酸を併用した場合、パントテン酸の摂取量は4分の1程度で十分な効果が得られたそうです。

乳酸菌なしの場合、パントテン酸サプリは1日2,000〜3,000mg必要でした。
いくらパントテン酸は水溶性ビタミンで、かつて健康被害の報告はないとはいえ、あまりにも過剰な量なので怖いという心配も少しはあります。

しかし乳酸菌を併用することにより、パントテン酸は1日500〜750g程度の摂取で効果が得られるわけですから、こちらの方が安心ですね!
しかも乳酸菌によるカラダ全体の健康アップも期待できちゃいます!

 

よって、乳酸菌の働きで腸内環境を整え、パントテン酸を吸収しやすい状況を作りながら、パントテン酸でニキビを予防するという方法が一番です。

 

乳酸菌の摂取方法

乳酸菌についても、サプリメントで摂取するのが費用面も手間の面でもおすすめです。
乳酸菌を含む食品は、ヨーグルト、醤油、味噌、漬物など色々ありますが、毎日継続して十分な量を摂取するのであれば、やはりサプリメントです。

乳酸菌がカラダに良いからといって、ヨーグルトを食べることを日課にしていたら、糖分の摂りすぎになってしまった、、、というような本末転倒なことにもなりません。

パントテン酸との相乗効果という面で最もおすすめなサプリメントは、「乳酸菌革命(株式会社健康いきいき倶楽部)」です。
乳酸菌サプリの副作用として、整腸作用によって下痢を抑える反面、便秘に傾いてしまうという方もいるのですが、便秘になりづらく、さらにパントテン酸との相乗効果が高いと言われています。

乳酸菌革命
乳酸菌革命

乳酸菌サプリについても、各社から様々な商品が販売されていますので、ご自身で気に入った物を選んでみるのが良いと思います。
ニキビを治す目的であれば、まずは乳酸菌革命を試してみて下さい。

 

ニキビの根本的な治し方まとめ

繰り返す大人ニキビも、思春期ニキビも、口周りもアゴもオデコも鼻も頬も、UゾーンもTゾーンも…。
ニキビの原因は全て、過剰に分泌される皮脂です。

皮脂の過剰分泌を抑えるには、パントテン酸を摂取することです。

より効率的に、且つカラダ全体の健康レベルを上げる為に、
パントテン酸と乳酸菌の併用がベストです!

 

おすすめの摂取方法

  • now社パントテン酸:1回に1カプセルを、1日3回
  • 乳酸菌革命:1回に1カプセルを、1日3回
 now社パントテン酸サプリメント 乳酸菌革命
乳酸菌革命

購入方法アドバイス

最後に実際の購入方法をアドバイスさせて頂いて締めたいと思います。

パントテン酸

now社パントテン酸は、海外からの発送となるため到着までに時間がかかります。
また送料が高くついてしまう場合があるので、◯◯円以上なら送料無料など、販売元によって様々ですから一番安い方法を探してみてください。

ちなみに私はAmazonで購入しました。1ボトル250カプセルで1,680円。2,980円以上で送料無料だったので2ボトルまとめ買いです!

【追記2017/3/3】
iHerbというネット通販サイトで購入する方が安く入手できます!
1ボトル250カプセルで1,422円。
アメリカのサイトですが、完全に日本語対応しており不安なく利用できます。

注文ごとに次回使えるポイントが5%付きますので、継続購入するならコチラですかね。
送料がかかってしまいますが、かなりの品揃えのショップですので、必要な物を一緒に購入して送料を抑えることができます。

iHerbのnow社パントテン酸ページへ

 

乳酸菌

乳酸菌革命は公式HPから定期コースで購入するのが一番安くすみます。

定期コースはいつでも解約が可能ですし、送料が無料になります。
また初回の注文時にはルイボスティーがおまけで付いてきます!ルイボスティーはニキビに効果があることで有名な健康茶ですよね♪

1袋62粒入りで2,730円でした。ちなみにクレジットカード払いではなく、払込用紙が商品と一緒に送られてくるので、コンビニなどで支払うというスタイルです。

乳酸菌革命サプリメントニキビ闘病記録乳酸菌革命サプリメント成分表示ニキビ闘病記録

以上、ニキビと闘う同志の皆様の参考になれば幸いです。

関連記事:カラダの外側からのケアについても書いています。

◯スキンケアについてはコチラ→ビタミンCを使ったニキビ肌をスキンケアで治す方法とは
◯皮膚科を活用した治し方はコチラ→2017版ニキビを治す薬まとめ!よく効く新薬試しましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*