ニキビを治すスキンケアは「ビーグレン」が最強な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビーグレンcserumモデル

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法




ニキビに悩まされている方でしたら、「b.glen(ビーグレン)」というスキンケア商品の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ニキビに効果的ということで有名なスキンケア商品です。

なぜビーグレンはニキビケア界で評判が良く、口コミもされるのでしょうか?その理由をニキビの根本的な原因と照らし合わせて調べてみました。

ビーグレンアクネケアトライアルセットacnecare_trialset_typeB_e
b.glen(ビーグレン)

なぜビーグレンはニキビケア化粧品として評判が良いのでしょうか?

ビーグレンの最大の特徴は、高濃度ピュアビタミンCが配合されていることです。
ピュアビタミンCの持つ抗炎症作用や、皮脂の過剰分泌抑制作用によって、ニキビ・ニキビ跡に効果の高い化粧品なのです。

 

ニキビを治すにはビタミンCが効果的

ニキビを治す上でいかにビタミンCが効果的な成分かについて、詳しくは別の記事ビタミンCを使ったニキビ肌をスキンケアで治す方法とはご紹介しておりますので、よろしければ合わせてご覧下さい。
要点だけご紹介すると、ビタミンCには

  • 皮脂の過剰分泌を抑える作用
  • 抗酸化作用

という2つの特徴があります。

そもそもニキビがなぜ出来るかというと、皮脂が過剰に分泌され、その皮脂をエサにしてアクネ菌が増殖することが原因です。
そしてアクネ菌と免疫細胞が闘うことで活性酸素が発生し、毛穴の炎症を引き起こします。これが治りにくい赤ニキビの正体です。

ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えることで、そもそもニキビが出来ないような肌にしていくことができます。
また、既にできてしまったニキビの炎症に対して、ビタミンCは活性酸素を還元する抗酸化作用がある為、炎症を鎮めてニキビの治りを早くすることができます。

つまりビタミンCは

  • ニキビを予防する
  • できてしまったニキビを治す
  • ニキビ跡を治す

という効果があり、ニキビの全ステージに対して効果的なのです。

 

ビタミンCはニキビに効果的だが、製品化しづらいデメリットも

ビタミンCなら何でもニキビに効果があるというわけではありません。レモン汁を顔に付けてもニキビは良くなりませんよね?シミて痛い思いをするだけです。

ビタミンCはそのままの状態だと、「肌に浸透しづらい」「すぐに酸化してしまい不安定」というデメリットがあります。つまり化粧品としては非常に利用しづらいということですね。

ビタミンCをそのまま肌に塗っても、肌の表面の皮脂に弾かれてしまい皮膚の内部に浸透してくれません。
またすぐに酸化してしまうので、皮膚の内部で効果を発揮する前に劣化してしまいます。しかも保存が難しく商品化することも困難です。

もしあなたが過去に「ビタミンC配合のスキンケアを試したけど効果が無かった」という経験があるとしたら、成分表を確認してみて下さい。
「アスコルビン酸」という表記があれば、それはビタミンCそのもののことですから、効果がなくて当然だったのです。

 

ビタミンC誘導体によって肌の奥までビタミンCを届かせることが可能になった

このような問題を解決したのが、ビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は、「肌に浸透しづらい」「すぐに酸化してしまい不安定」というビタミンCのデメリットを克服することができました。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCに化合物を結合させることで、「肌の内部に浸透しやす」また「化学的に安定」させた物質です。
リン酸ビタミンCやAPS、APPSという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?これらの総称がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体を化粧品として使うことによって、ビタミンCを肌の内部まで浸透させることが可能になりました。また化学的に安定しているのでビタミンCの成分が劣化してしまうデメリットも解消できます。

その為、現在はビタミンC誘導体を配合した化粧品が多く販売されており、効果が高いと人気の商品もたくさんあります。

ビタミンC誘導体の中にも、

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 両性ビタミンC誘導体

など種類がいくつもあり、それぞれ特徴が異なりますので、ビタミンC誘導体のスキンケアグッズを使うときは、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

詳しくは別の記事ビタミンCを使ったニキビ肌をスキンケアで治す方法とはご紹介しておりますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

 

ビタミンC誘導体の弱点

ビタミンCを肌の内部まで浸透させ、安定的に扱うことができるようにしてくれたビタミンC誘導体ですが、1つ弱点があります。

それは肌の内部に届いても、すぐには効果が発揮されないということです。
ビタミンC誘導体は、ビタミンCと別の化合物が結合した状態です。

ビタミンCの効果【皮脂の過剰分泌抑制】【抗酸化作用】は、
ビタミンC誘導体の状態から「ビタミンCそのもの=ピュアビタミンC」の状態に戻ってからでないと発揮されないのです。

肌の内部に届いたビタミンC誘導体は、酵素の働きでビタミンCへ分解されます。その状態になってようやく効果を発揮するのです。

そのためビタミンC誘導体配合の化粧品を肌に与えても、効果が現れるまでに時間がかかるというのが弱点となります。
※ビタミンC誘導体の種類によっては、肌の内部でビタミンCに分解されないというものもあるそうです

 

ビタミンCでニキビを治すならビーグレンがベストチョイス!

ビーグレンに配合されているビタミンCはピュアビタミンCです。ビタミンCそのものであり、ビタミンC誘導体ではありません。
つまり上でご説明したように、肌に浸透することができず、化学的にも不安定なビタミンCなのです。

ただ、もしピュアビタミンCを肌の内部に届けることができれば、ビタミンC誘導体のように酵素で分解されるのを待つ必要がありませんから、すぐに効果が発揮されます。ビタミンCそのものですから、肌にとって最も効果的なのはビタミンC誘導体ではなくピュアビタミンCなのです。

 

ビーグレンのピュアビタミンCは肌に浸透する!

もしピュアビタミンCを肌の内部に届けることができれば、肌にとって最も効果的なのはビタミンC誘導体ではなく、ピュアビタミンCです

しかしそんなことは出来なかったため、ビタミンC誘導体が広く利用されてきました。

その状況に風穴を開けたのがビーグレンです!
ビーグレンは、独自のQuSome®(キューソーム)という技術によって、ピュアビタミンCを肌の内部に浸透させることに成功したのです!

キューソームという技術は、簡単に言えば肌に浸透しやすいカプセルで有効成分を包み込み、有効成分を肌の内部へ浸透させる技術です。
ビーグレンはビタミンCやその他の有効成分を、Qソームという技術によって肌の内部に届けることができるのです!

つまり最も効果的なピュアビタミンCが、肌の内部で効果を発揮してくれる、それがビーグレンなのです!

b.glen(ビーグレン)

ブライアンケラー博士キューソームbraiankeller_img_001

 

ニキビを治す方法

ニキビを治すなら、最も優先されるべきは「皮脂の過剰分泌を抑える」ことです。そうすれば、そもそもニキビができなくなるからです。
また、できてしまったニキビを治したり、ニキビ跡を治すために炎症を抑える必要があります。

皮脂の過剰分泌を抑える、ニキビの炎症を抑える方法は、「カラダの内部からのアプローチ」「薬を使ったアプローチ」それと「スキンケアによるアプローチ」があります。

 

ニキビの状態がヒドイ、または一刻も早く治したい!という状況でしたら、全てのアプローチを同時進行で実践するべきです。

カラダの内側からのアプローチと、薬を使ったアプローチについては、別の記事で詳しく説明しておりますので、リンクからご覧ください。

 

ニキビを治すならスキンケアはビーグレンがベストな理由

スキンケアによるアプローチについては、ビーグレンを使うのがベストです。
なぜなら、

ニキビを治すために必要なことは、

  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 炎症を抑える

ビタミンCが持つ作用は、

  • 皮脂の過剰分泌を抑える作用
  • 炎症を抑える作用(抗酸化作用)

ということで、ニキビを治すにはビタミンCが有効です。ちなみにニキビ対策としてビタミンCを含む化粧水は有効であると皮膚科学会などでも報告されています。

 

そしてビタミンCが肌の内部で最も効果を発揮する形は、

  1. QuSomeのピュアビタミンC(ビーグレン)

  2. ビタミンC誘導体

  3. ピュアビタミンC

の順番となります。

 

よって、ニキビを治したいのであれば、最も効果的なスキンケア商品はビーグレンです!

ビーグレン公式サイト

ビーグレンは

  • ニキビの予防
  • できてしまったニキビを早く治す
  • ニキビ跡を治す(クレーターを治す効果もアリ!!)

そんな最強のニキビ用スキンケア商品なのです。

 

ビーグレンが合わなかった

ご紹介したように、ビーグレンはQuSome®(キューソーム)技術によって作られたサイエンスコスメであり、科学的に効果の証明された成分や技術を駆使して完成されたスキンケア商品です。

ニキビに対して効果があったという口コミも多数見られます。

しかし、人間には個人差があります。ビーグレンは効果がないとか、ビーグレンでニキビが増えた、肌あれがひどくなったという口コミも見られます。
季節や体調によっても肌の調子は左右されますので、これらの口コミのうちの多くは、ビーグレンが原因と言い切れるわけではないと思いますが、どうしても合わないという人もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、ビーグレンにこだわる必要はありません。
ビタミンC誘導体配合のスキンケアでも、ビタミンCの効果を十分に得られる商品もあります。

具体的な選び方については、ビタミンCを使ったニキビ肌をスキンケアで治す方法とは でご紹介していますが、結論だけお伝えすると、「SiBODY VCローション」か「グラングレース ローション」が良いと思っています。

ビタミンC誘導体の中でも、最も肌への浸透性が高いAPISという成分を配合しているからです。

 

まずはビーグレンを試してみましょう!

初回限定7日分のトライアルセットが今なら1,800円で購入できます。もし肌に合わなかった場合はお試しのトライアルセットでも365日返金保証が付いていますので安心です。

 

ビーグレン公式トライアルセット

 

この記事が私と同じようにニキビに悩む方の助けになれば幸いです。

 

関連記事:効果も値段も高い?ビーグレンを激安・最安値で購入する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*