ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは?効果の根拠を医学的に調べてみた

ケミカルピーリングとは日本皮膚科学会ガイドライン画像

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法





ニキビやニキビ跡に悩む方なら、ケミカルピーリングが効果ありという情報を一度は聞いたことがあるかと思います。私自身、顔中のニキビに悩まされていたとき、ケミカルピーリングの情報を知り、美容皮膚科でピーリング&ビタミンCイオン導入を受けました。

結果、私はニキビもニキビ跡も大幅に改善され、キレイな顔を取り戻すことができた実体験があります。

その経験があるので、私はニキビはケミカルピーリングで治ると実感しています。当然ニキビに悩む他の方にも、ケミカルピーリングが良いよ!とオススメしています。

しかし、どうやらケミカルピーリングが合わないという肌質の方もいらっしゃるようです。また、実際に自分が施術を受けてニキビを治すことができたピーリングに対して、詳しく知らないということに気付きました。

そこでケミカルピーリングって医学的な根拠はどうなの?どういう仕組みでニキビを治すの?という少し専門的なコトが気になったので調べてみました。

 

ケミカルピーリングとは

まずそもそもケミカルピーリングとは?というお話です。

日本医学会加盟学術団体で、皮膚科に関する学会である「公益社団法人日本皮膚科学会」というガッツリ医学的なお堅そうな学会のHPで勉強してみました。

わかりやすく読みやすく書いてみます。

 

ケミカルピーリングガイドライン

日本皮膚科学会から、ケミカルピーリングガイドラインという文書が出されています。

1990年代に日本にもケミカルピーリングが広まり人気となりましたが、副作用による被害の声も出始めました。そこで皮膚科学会ではケミカルピーリングを行う上で、最も適切と考えられる基本的な治療方針をまとめています。2001に第1版が公表され、2006年にはEBM(医学的根拠に基づく医療)に基づくガイドラインとして第3版が公表されました。

原文(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)より)

ケミカルピーリングは,主にざ瘡,色素異常,光老化に伴う疾状などの治療や皮膚の若返り rejuvenation,しみ,くすみ,質感などの皮膚の美容的改善を目
的としている.その基本は,創傷治癒機転による皮膚の再生が主なものであり,皮膚科学に立脚した施術が
なされなければならない.しかし,美容的な側面のみが注目されるためか,ケミカルピーリングが安易に行
われる傾向にある.事実,国民生活センターの全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO-NET)には
危害例の相談が寄せられるようになっている.平成 12年 6 月 9 日には,厚生省健康政策局医事課よりケミカ
ルピーリングは業として行われれば医業に該当すると明言されている(医事第 59 号).
以上のような観点から,日本皮膚科学会はケミカルピーリングに関する治療ガイドラインを作成し,本行
為を行う医師,当該関係者の教育および国民への周知が責務と判断した.その一環として,日本皮膚科学会
理事長の諮問機関である「これからの皮膚科を考える会」にて「ケミカルピーリングガイドライン」を作成
すべきことが合意された.そして,日本皮膚科学会理事会の承認のもと,作成委員会が組織され,2001 年に
日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン2001 が公表された1).公表後の様々な意見を集約した
ところ,幾つかの点で改訂が望ましいとの意見をみたため,日本皮膚科学会理事会の承認のもと,日本皮膚
科学会ケミカルピーリングガイドライン 2001 改訂に関する検討委員会によってガイドラインの改訂を行い
公表した2).更に,2006 年になり,日本皮膚科学会学術委員会から evidence-based medicine(EBM)に沿った
新たなガイドラインの策定が求められた.そこで,13名の委員による委員会を新たに立ち上げて(表 1),
EBM に基づく検討を踏まえた新たなガイドラインを公表する事とした.
このような経緯より,本ガイドラインは,ケミカルピーリングが皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の
十分な管理下に行うべきであることを大前提とし,現時点で日本皮膚科学会として最も適切と考えられる基
本治療方針を提示するものである.

 

皮膚のどの深さまでピーリングできるか?

ピーリング剤の種類と濃度によって、皮膚のどの深さまでピーリングができるのか、ピーリングガイドラインでは目安が示されています。

ケミカルピーリングの分類【剥離深度】

皮膚のどの深さまでピーリングされるか(剥離深達レベル)で、ピーリングは4段階に分類されます。

ケミカルピーリング分類

ケミカルピーリング分類図

出典:日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)

 

ピーリング剤の種類と濃度

ガイドラインにピーリング剤として登場する薬剤は以下の7つです。

  • グリコール酸
  • サリチル酸(サリチル酸エタノール、サリチル酸マクロゴール)
  • トリクロロ酢酸
  • レチノイン酸
  • 乳酸
  • ベーカーゴードン液
  • フェノール

この7つのピーリング剤の濃度によって、どの深達レベルのピーリングができるかの目安が下の表です。

ケミカルピーリング剥離深度とピーリング剤出典:日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)

 

どのピーリング剤を使うのか?どれくらいの濃度で使うのか?によって、皮膚のどの深さまでピーリングできるかが変わってくるのですね。

ただしこれは、あくまで目安です。というのもピーリング剤の濃度、pH、施術時間、施術後のケア、施術部位、皮膚の状態、湿度、 温度などの多くの要素によって変わってくるからです。

 

原文(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)より)

施行基準
A.剝離深度
本ガイドラインではケミカルピーリングの剝離深度を,表 2 のように剝離深達レベル 1,2,3,4 と表記する(付図).
B.使用薬剤例
一般的に使用されているものを列挙したが,患者皮膚の反応性は,同じ試薬・濃度でも自家製剤と調合製剤では反応性が著しく異なることがある.これらの点を十分理解し,患者に説明し,安全性と有効性を総合的に判断して適正に用いることが必要である.また,レチノイン酸は,医師による施術を必要としないため,外用剤に含まれると考え改訂第 3 版では削除した.
●グリコール酸
最も使用頻度の多いグリコール酸においては,顔面に塗布する場合は,pH3 以上で濃度が 10% 以下であれば,ほとんど反応性はみられないとの厚生科学研究の報告6)がある.しかし,高濃度(30% 以上),低 pH(2 以下)では,浮腫やびらん,痂皮形成などの危険性が高くなる.尚,薬剤濃度について,同じ濃度の標記でも wv%と ww%で濃度が異なることは注意を必要とする.
●サリチル酸
サリチル酸エタノールまたはサリチル酸マクロゴールとして使用される.サリチル酸のエタノールへの溶解は均一なため,サリチル酸エタノールは簡単に自家調整が可能であるが,脂腺から血中へサリチル酸が吸収されサリチル酸中毒の危険性がある.一方,サリチル酸とマクロゴールとの親和性が高いため,サリチル酸マクロゴールは角層のみに作用し,角層のみを剝離するピーリング剤として効果を発揮する7).
●トリクロロ酢酸 trichloracetic acid(TCA)
TCA は蛋白との結合が強く,塗布部位の蛋白と結合してその作用を失う.従って,ケミカルピーリングの標準的な塗布による全身的な副作用はないが,局所では強く,瘢痕形成のおそれがある.角化細胞への傷害は濃度・時間依存性で,低濃度の TCA はゆっくりと細胞傷害を来すが,高濃度の TCA は早期に細胞傷害を示す.また,経口投与では,ヒトでの発癌性の報告はないが,マウスでの肝細胞癌の増加の報告がある8).
C.剝離深度と使用薬剤例
使用薬剤の組織学的深達度は,試薬の濃度,pH,施術時間,施術後のケア,施術部位,皮膚の状態,湿度,温度など多くの因子によって決定される.従って,正確な剝離深度と使用薬剤例を示すことは困難であるが,表 3 に一応の目安を示した.剝離深度が深くなるにつれて副作用には注意することが必要である.

 

ケミカルピーリングの推奨度

ガイドラインでは、ニキビ・ニキビ跡やシミ・シワなど疾患別にケミカルピーリングをどの程度推奨するか示されています。

 

ニキビ

選択肢の1つとして推奨するピーリング剤

  • グリコール酸
  • サリチル酸マクロゴール

 

根拠不足のため現時点では推奨できないピーリング剤

  • サリチル酸エタノール

 

ニキビ跡(クレーター)

根拠不足のため現時点では推奨できないピーリング剤

  • グリコール酸
  • トリクロロ酢酸

 

ニキビに対しては、特に白ニキビに対してグリコール酸とサリチル酸マクロゴールによるピーリングが有効とされています。サリチル酸エタノールについては、有効という報告もあるものの、強い刺激感があることや医学的根拠が不足していることから、現時点では推奨しないという状態です。

クレーターになってしまっているニキビ跡については、推奨できるピーリング剤が現時点ではないようです。

 

ケミカルピーリングの推奨まとめ

ガイドラインで医学的根拠に基づいて、ケミカルピーリングが有効であるとされている疾患と、ピーリング剤の組み合わせをまとめました。

  • ニキビ:グリコール酸、サリチル酸マクロゴール
  • シミ:グリコール酸、サリチル酸マクロゴール
  • 小じわ:グリコール酸、サリチル酸マクロゴール

現時点ではこのニキビ、シミ、シワに対して、グリコール酸とサリチル酸マクロゴールだけが推奨とされているピーリング剤ということです。他のピーリング剤や疾患についても、ピーリングの効果があり、実施している美容皮膚科さんもあると思います。

それが間違いということではなく、あくまで現時点で医学的に十分な根拠があるものは、この3つということです。

 

原文(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)より)

4.Evidence-based medicine(EBM)に基づいたガイドライン作成の基本方針
●エビデンスのレベルと推奨度の決定基準
以下のように,基本的には,日本皮膚科学会編 皮膚悪性腫瘍ガイドラインの決定基準を参照にした.尚,日本人の皮膚を対象としたケミカルピーリングに関するエビデンスが不足している現状を踏まえて,欧米でのエビデンスを参考にしつつ,委員会のコンセンサスに基づき推奨度を決定した経緯より,エビデンスレベルに基づく推奨度と実際の推奨度は必ずしも一致しない.
●エビデンスレベル分類
エビデンスレベル I システマティックレビューメタアナリシス
エビデンスレベル II 1 つ以上のランダム化比較試験による
エビデンスレベル III 非ランダム化比較試験による(統計処理のある左右比較試験を含む)
エビデンスレベル IV 分析疫学的研究(コホート研究や症例対照研究)による
エビデンスレベル V 記述研究(症例報告や症例集積研究による)
エビデンスレベル VI 患者データに基づかない専門委員会や専門家個人の意見
●「ケミカルピーリングガイドライン」における推奨度の分類
推奨 A.行うように強く勧められる(少なくとも 1 つ以上の有効性を示すレベル I もしくは良質のレベル II のエビデンスがあること)
推奨 B.行うよう勧められる(少なくとも 1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベル II か良質のレベル III あるいは非常に良質のレベル IV の
エビデンスがあること)
推奨 C1.良質な根拠は少ないが,選択肢の一つとして推奨する(質の劣る III~IV,良質な複数の V,あるいは委員会が認める VI)
推奨 C2.十分な根拠がないので,現時点では推奨できない(有効のエビデンスがない,あるいは無効であるエビデンスがある)
推奨 D.行わないよう勧められる(無効あるいは有害であることを示す良質なエビデンスがある)

5.Evidence-based medicine(EBM)に基づいた疾患に対する推奨度と解説
現時点でエビデンスレベルを論じうる論文報告がある疾患のみを対象疾患とした.また,本邦にはエビデンスレベルが高い論文がなく,欧米の報告を参考文献とした推奨度には#を銘記した.
A.対象疾患の解説と推奨度の強さ(表 4)
1)ざ瘡
尋常性ざ瘡に対する本邦での左右比較の症例対照研究として,グリコール酸とマクロゴール基剤サリチル酸を用いた剝離深達レベル 1,2 のケミカルピーリングの有効性が報告され,特に,非炎症性ざ瘡(面皰)を主体とする患者に有効である.一方,欧米で広く行われているエタノール基剤サリチル酸は,本邦では 30 例を対象に 20% 濃度を用いた臨床研究において有効性が報告されているが,強い刺激感を伴い,落屑が長期に及ぶことがあり十分なインフォームドコンセントを要する.一方,ざ瘡瘢痕の治療には,高濃度グリコール酸やトリクロロ酢酸を用いた剝離深達レベル 2,3 のケミカルピーリングの報告がある.しかし,個々の瘢痕の経過が検討されていないこと,本邦での治療評価が定まっていないことなどエビデンスは不十分であり,副作用が強いことに対する十分なインフォームドコンセントを要する.

ピーリング推奨度ニキビ

2)日光(性)黒子
日光(性)黒子の小斑型では剝離深達レベル 1,2 のケミカルピーリングで色調の改善が期待できる. 大斑型では,トリクロロ酢酸を用いた剝離深達レベル 3 のピーリングにより改善できるが,炎症後色素沈着を生じることがある.

ピーリング推奨度シミ

3)肝斑
肝斑は紫外線や女性ホルモンで悪化する難治性の色素斑である.欧米においてはハイドロキノン,レチノイド,ステロイドの併用療法が,肝斑に最も効果が高いと報告されているが,近年ではハイドロキノンとピーリング剤の併用療法,もしくはピーリングによる有効性についても報告されている.但し,肝斑は化粧品による接触皮膚炎を発症する場合もあるので,ケミカルピーリング治療時,遮光に加え,この点に注意することは必須である.尚,このガイドラインでは,ケミカルピーリング単独の効果を検討した論文のみを参考文献として引用した.

ピーリング推奨度肝斑

4)雀卵斑
雀卵斑は,遺伝的素因を背景とし,紫外線暴露にて容易に再燃する疾患である.従ってケミカルピーリングで色調の改善が期待できるが,再燃する疾患であることを認識しておく必要がある3).

ピーリング推奨度雀卵斑

5)炎症後色素沈着
炎症後色素沈着は,急性あるいは慢性の皮膚における炎症過程に続いて生じる.表皮におけるメラニン貯留は,炎症によるメラニン生成の亢進状態が正常化すると,徐々に自然消退していく.しかしながら,早期に色素沈着の改善を期待したい場合には,美白剤に加え,ケミカルピーリングを施行することにより色素斑を薄くすることが期待できる.但し,ケミカルピーリングにより惹起される炎症反応により,色素斑が増強することがあるので,個々の症例において慎重に取り組む必要がある.

ピーリング推奨度炎症性色素沈着

6)小じわ
剝離深達レベル 1~3 のケミカルピーリングにより,角層を始めとした表皮および真皮浅層の皮膚の remodelingが誘導される4).結果として,皮膚のきめや小じわが改善される.真皮の弾力線維の変性をともなう深いしわに対しては効果が認められないので,治療対象を明確にするために,しわではなく小じわとした.

ピーリング推奨度小じわ

 

ケミカルピーリングの注意点

以下に該当する方は、ケミカルピーリングを受けるには注意が必要です。

  • 遮光が十分にできない人
  • 妊娠中、授乳中の人
  • 免疫不全状態や他の疾病で治療中の人
  • ケロイド体質の人
  • 施行部位にウイルス・細菌・真菌感染がみられる人
  • 施行部位に,外科的手術の既往や,放射線治療の既往のある人
  • アダパレンを含むレチノイドの外用,または内服を行っていた人

 

ケミカルピーリング施術中、施術後に、刺激感や水ぶくれなどの異常が見られることがありますので、注意が必要です。

また施術後は紫外線対策をしましょう。

原文(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)より)

6.施行上の注意
A.施術上の注意・留意点
1)適応に注意を要する人
●遮光が十分にできない人
●妊娠中,授乳中の人
●免疫不全状態や他の疾患で加療中の人
治癒の遷延,また感染や過度の色素沈着を生じ得ることを考慮し,基礎疾患の有無を確認する
●ケロイド体質の人
●施行部位にウイルス・細菌・真菌感染がみられる人
●施行部位に,外科的手術の既往や,放射線治療の既往のある人
皮膚の状態を充分に観察し,また,施術時は皮膚の反応性に充分な注意が必要である
●アダパレンを含むレチノイドの外用,または内服を行っていた人
休薬期間の必要性を考慮し,また,施術時は皮膚の反応性に充分な注意が必要である9)

2)施術前の留意点
●精神的状態の把握
●全身状態の把握
●皮膚状態の把握
光老化の程度
肌質(脂性肌・乾燥肌)
ケロイドや肥厚性瘢痕の存在
感染の有無
●ケミカルピーリング前後の臨床の記録の保存
●皮膚病理所見(症例によっては必要)
●同意の取得(文書によることが望ましい)
3)施術中および施術後にみられ得る所見
●刺激感
●浮腫
●紅斑
●水疱形成
●びらん・潰瘍
●鱗屑・痂皮
●色調異常
色素沈着・脱失
施行部位と周囲の境界の明瞭化・既存黒子の顕在化
●持続する紅斑や掻痒
●一過性のざ瘡増悪や毛孔拡大
●毛細血管拡張
●稗粒腫
●その他
4)施術後のまれにみられ得る所見
●瘢痕
i) 肥厚性瘢痕
ii) 萎縮性瘢痕(まれに兎眼を生じる)
iii)ケロイド
●感染
i) 細菌
ii) ウイルス(単純疱疹の再発など)
iii)真菌
●ピーリング剤によるアレルギー性接触皮膚炎および接触蕁麻疹
●その他
B.施術後の注意・留意点
1)表皮(特に角層)への障害があるため,遮光に関する十分な説明・指導を行う.
2)用いる薬剤や剝離深達レベルに応じて,適切な遮光や化粧の指導を行う.
3)施術後の皮膚の状態を把握するため,適時,観察の必要がある.
4)剝離深度が深い場合は,創傷治癒に基づいた適切な処置が必要なときがある.

 

まとめ

ガイドラインの2001年版、2004年版では以下の疾患に対して、ケミカルピーリングが適応するとされていました。

  • ざ瘡
  • 毛孔性苔癬
  • 炎症後色素沈着
  • 日光性色素斑
  • 肝斑
  • 雀卵斑

また以下の疾患に対して適応の可能性を検討とされていました。

  • 脂漏性角化症
  • 日光角化症
  • 魚鱗癬
  • 疣贅
  • 伝染性軟属腫
  • アクロコルドン
  • 稗粒腫
  • しわ
  • 脂漏

しかし2006年版のケミカルピーリングガイドライン第3版では、ケミカルピーリングを推奨する疾患は、ニキビ・シミ・小じわの3つに絞られています。

これはケミカルピーリングに効果がないと分かったからではありません。2006年版ではEBM(医学的根拠に基づいた医療)に基づく評価を行った為、まだ根拠に乏しい疾患を「推奨」とできなかったということです。

今後の研究報告や、症例の報告が増えていくに従って、ケミカルピーリングに効果があるとガイドラインに記載される疾患も増えていくと予想されています。

 

原文(日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第 3 版)より)

7.最後に
ケミカルピーリングの適応疾患として,2001 年及び2004 年版では下記の疾患を挙げていたが,今回改訂 3版では EBM を重視した改正を行った.それに伴い適応疾患の数は減少し,区分も変更された.また,試薬の種類に関する記述も大幅に変更された.あくまでも,現時点で日本皮膚科学会として最も適切と考えられる基本治療方針を提示するものである.従って,改訂 3版に掲載されていない疾患や試薬については,現時点ではエビデンスレベルが高い論文報告がないことより評価しなかったが,今後の研究や症例の蓄積などが一定のレベルの学術誌に発表されるのを待って,適宜,適応疾患の改正を行っていく予定である.適応疾患分類 ガイドライン 20011),20042)
――――――――――――――――――――――――
高い適応のある疾患 ざ瘡
適応のある疾患 毛孔性苔癬
炎症後色素沈着
日光性色素斑
肝斑
雀卵斑
適応の可能性を検討すべき疾患,状態
脂漏性角化症
日光角化症
魚鱗癬
疣贅
伝染性軟属腫
アクロコルドン
稗粒腫
しわ
脂漏
――――――――――――――――――――――――

ニキビを治す方法「ケミカルピーリング」とは

ニキビを治すケミカルピーリングとは画像

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法




ニキビを治す方法として、ケミカルピーリングという選択肢を考えている方もいらっしゃると思います。実際にケミカルピーリングを受けたことがある方も多いのではないでしょうか。

管理人自身、ケミカルピーリングにはお世話になりました。効果テキメンで、顔中に広がった無数の大人ニキビが、ケミカルピーリングを受けはじめてから1ヶ月後には新しいニキビが出来なくなり、3ヶ月後にはニキビ跡もキレイに消えて、ニキビの無いキレイな肌を取り戻した経験があります。

 

経験として、ピーリングがニキビを治してくれると実感していますが、その根拠まで詳しく知ろうとすることが無かったので、今回はケミカルピーリングについて詳しく調べてみました。

 

ニキビを治すケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、肌の表面に酸性のピーリング剤を塗って、古い角質層を溶かし落として、新しい皮膚の再生を促す治療法です。

毛穴に角質などが詰まることが、ニキビの原因になるので、ケミカルピーリングはニキビに対して有効な治療法なのです。

 

ピーリングは医療行為

2000年6月、厚生省によって、ケミカルピーリングは医業に該当すると名言されました。

これを受けて日本皮膚科学会は「ケミカルピーリングガイドライン」を作成しています。ケミカルピーリングガイドラインは、根拠に基づく医療(EBM:evidence based medicine)にもとづいて作成された、ケミカルピーリングの指針です。

 

ケミカルピーリングの歴史

  • 1990年代
    日本でも美容に関する意識が高まり、美容治療が広まります。そんな中、欧米で人気だったケミカルピーリングが日本にも導入されました。
    その効果に満足する人もいれば、不適切なケミカルピーリングで腫れや炎症などの危害を受けてしまう人も増加。消費者生活センターへの相談件数が増加しました。
  • 2000年6月
    厚生省が「ケミカルピーリングは医業に該当する」と名言します。
  • 2001年
    安全なケミカルピーリングを行うための治療ガイドラインが作成されました
  • 2008年
    ガイドラインの3回目の改正が行われました。
    ガイドラインの基本理念には「ケミカルピーリングが、皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われるべき行為である」と記載されています

 

ピーリング剤の種類

ピーリング剤として、ケミカルピーリングガイドラインに記載されている薬剤は

  • グリコール酸
    ピーリング剤として最も使用されている薬剤。濃度10%以下・pH3以上ではほとんど反応性はみられないと報告がある(厚生科学研究)
  • サリチル酸
    サリチル酸エタノールとサリチル酸マクロゴールの2種類。
    サリチル酸エタノールは自家調合が簡単にできるが、血中にサリチル酸が吸収されサリチル酸中毒の危険がある。
    サリチル酸マクロゴールは角層のみに作用し、角層のみを剥離するピーリング剤として効果を発揮する。
  • トリクロロ酢酸
    ケミカルピーリングの標準的な塗布による全身的な副作用はないが、局所では強く、瘢痕形成のおそれがある
  • その他
    レチノイン酸、乳酸、ベーカーゴードン液、フェノール

 

ケミカルピーリングの分類(深達レベル別)

皮膚のどれくらいの深さまでピーリングするか(深達レベル)によって、使用するピーリング剤が変わります。ケミカルピーリングガイドラインでは目安が記載されています。

深達レベル ピーリング剤 濃度(%)
1.角層
2.表皮顆粒層から基底層の間
グリコール酸
乳酸
サリチル酸
トリクロロ酢酸
20〜35
20〜35
20〜35
10〜20
3.表皮と真皮乳頭層 グリコール酸
トリクロロ酢酸
50〜70
35〜50
4.網状層に及ぶ深さ ベーカーゴードン液
フェノール

80

これはあくまで目安としての記載となっています。皮膚のどの深さまでピーリングできるかは、ピーリング剤の濃度、pH、施術時間、施術後のケア、ピーリング部位、皮膚の状態、湿度、温度など様々な要素によって変わるからです。

 

ケミカルピーリングはどんな疾患に効果があるのか

ガイドラインで、ケミカルピーリングを治療の選択肢として推奨している疾病は

  • ニキビ
  • シミ
  • シワ

の3つです。

グリコール酸と、サリチル酸マクロゴールが推奨とされており、サリチル酸エタノールやその他の薬剤は十分な根拠なしとされています。

 

なぜピーリングはニキビに効果があるのか

にきびは、皮脂が毛穴に溜まることで、角栓が形成されることが始まりです。

炎症が生じると、赤く腫れ上がった赤ニキビになり、膿が出てくると黄ニキビとなります。

浅い深さのピーリングで毛穴をふさいでいる角質や面皰が排出され、毛穴のつまりが解消されるので、にきびは改善されます。

またにきびのできにくい皮膚の状態になります。

膿をもった炎症性にきびの場合にも、浅いケミカルピーリングにより膿の排出が促され、治りが早くなります。

 

 

( 参考文献)日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第3版)日皮会誌,2008年

 

ニキビを治す!自宅で出来るピーリングおすすめランキング7選

自宅ピーリングおすすめランキングニキビ用画像

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法




ニキビを治すのにケミカルピーリングが効果あり!と分っていても料金の高さがネックという方へ。自宅で皮膚科レベルのピーリングができるアイテムをランキングでご紹介します。しかもかかる費用は激安です!

ニキビにはケミカルピーリングが効果的!と、私は自身の経験から感じています。もちろん肌質によっては、ピーリングが合わないという方もいらっしゃると聞きますので、そういった方はご注意願います。(そういった方でもマイルドピーリング4選は参考になると思いますのでご覧ください)

このページは、ケミカルピーリングが自分には合う!けど美容皮膚科やエステサロンでやるとなると、料金が高いからなかなか出来ない。そんな方の為に、安い費用で自宅でできるピーリンググッズをランキングで紹介しているページになります。

最初に紹介するTOP3は、美容皮膚科レベルのピーリングを自宅で行いたい方向けです。定期的にピーリングをして、ニキビができない肌を維持する為にオススメできるホーム・ピーリング・アイテムを厳選しました。

後に紹介する4アイテムは、マイルドなピーリング商品になります。ケミカルピーリングを美容皮膚科などで受けたことがなくて、最初からハードなピーリングには不安がある方や、過去にケミカルピーリングで失敗した方、ケミカルピーリングは皮膚科などでやるけど日常のケアでマイルドピーリングを取り入れたい方などにオススメします。

自宅で皮膚科レベルのピーリングができるアイテムのランキングと、マイルドなピーリングができるオススメ商品4つ、是非ご参考になさって下さい。

 

「皮膚科レベルの自宅ピーリング」おすすめランキング

既に美容皮膚科などでケミカルピーリングの施術を受けたことがあって、ニキビが治ると実感している方。毎月ケミカルピーリングに通いたいですよね。時間とお金に余裕さえあれば…。

そうなんです!ケミカルピーリングがニキビに効果的と分かってはいても、なかなか通えないのが現実。そこで、皮膚科レベルのピーリングが、激安料金で自宅で出来るアイテムをご紹介します!

皮膚科やエステサロンでケミカルピーリングを受けるとなると、1回1万円前後は料金がかかってきます。それに対してホームピーリングでしたら、1万円あれば半年〜1年弱分くらいのピーリング剤を購入できます。しかも自宅で出来ますので時間がない忙しい方でも実践できちゃいます。

自宅で皮膚科レベルのピーリングを取り入れて、ニキビのない人生を送りましょう!

 

①位 セラMDピーリングキットⅡ

セラMDピーリングキット画像  セラMDピーリングキットⅡ

 

皮膚科レベルの自宅ピーリングおすすめランキング1位は、CELLA COSMETICSの「セラMDピーリングキットⅡ」です。ランキングでTOP3としていますが、正直私の感想ではこれ1択でOKです!w

なぜなら、まさに皮膚科レベルのピーリングができるからです。美容皮膚科で1万円払って受けるケミカルピーリングと、セラMDピーリングキットを使って自宅で行うピーリング、私自身は体感的に大差ありません。

つまり、それほどセラのピーリングキットの満足度が高いということなのです。セラMDピーリングキットについて簡単にご紹介します。

特徴

  • 皮膚科レベルのピーリング処方を製品化
    セラのスキンケア商品は、皮膚科専門医で実際にニキビ治療に実績を出している処方を元に作られているドクターズコスメです。

皮膚科専門医にて実績のある処方を元に、ピーリング作用はそのままで刺激だけを抑えたホームケア用のピーリングローションです。安心して使用できる濃度としてグリコール酸を12%に設定しました。そこにピーリング効果を最大限に引き出すためにpHを調整し、グリコール酸以外の成分も最適なものを配合しました。
顔全体、または、必要な部分に塗布し、一定時間そのままにしておいて洗い流すだけ。通常、ピーリング後には酸を中和する中和剤が必要となりますが、すすぐだけで中和剤は不要です。皮膚科で行う施術と同じピーリングが簡単にできるのがMDピーリングキット IIです。

セラMDピーリングローション画像cella_md_df_01(公式サイトより引用)

  • 効果を追求した配合
    原料コストではなく、結果を出すために最適な原料と配合量にこだわって製品化されています。
    またパッケージや装飾に過剰なコストをかけず、中身のクオリティを追求しているメーカーです。
  • ニキビの悩みに結果を出すために誕生したのが、「セラ」というブランドです。

 

使い方

セラMDピーリングキットⅡの使い方です。5〜7日に1回程度の使用が目安です。

  1. 洗顔後、セラMDローションを専用カップにとります(1〜2ml。2mlだと多すぎるくらいです)。
  2. 専用ブラシで顔全体、または、気になる部分に塗布します。つけた後の手はすぐに水で洗い流してください。
  3. 肌の状態をみながら、5〜10分程度保持します。
  4. 肌をこすり過ぎないように、水、または、ぬるま湯で丁寧にセラMDローションをすすぎ落とします。
    ※背中、ヒジ、かかとなどの角質除去にも使用できます

料金

セラMDピーリングキットⅡのお値段です。

セラMDローション(1本25ml)・専用カップ・専用ブラシの3点セットで、4,860円(税込)

1ヶ月にかかるコストは約1,000円〜1,500円程度になります。

  • 1回の使用量は1〜2mlで十分。2mlだと余るくらいだと思います。
  • 1本で15〜20回使えます。
  • 5〜7日に1回使いますので、1ヶ月に4〜6回の使用です。
  • 使用量・使用回数にもよりますが、1本で3ヶ月〜5ヶ月使えます。
  • 1本4,860円で3ヶ月〜5ヶ月使えますので、1ヶ月あたりのコストは1,000円〜1,500円になります。

美容皮膚科やエステサロンのケミカルピーリングは1回1万円前後ですから、まさに激安料金で皮膚科レベルのピーリングが可能なのです!

 

セラのピーリングを最安値で買う方法

セラMDピーリングキットⅡは、セラ MDローション(グリコール酸を含むピーリング化粧水)、専用カップ、専用ブラシの3点がセットになっています。

セラ MDローションはキットではなく単品でも売っています。
専用カップと専用ブラシは繰り返し使えますので、2本目以降のリピート購入のときは、MDローションを単品で購入すればOKです。

セラ MDローションセラ MDローション
CELLA COSMETICS:4,320円(税込)

 

ちなみに5,400円以上で送料が無料になりますので、ピーリングキットとMDローションをまとめて買えば送料無料になります。定期的に長く使っていくつもりの方は、2つずつ購入していくのが最安値で購入する方法ですね!

どうせ使う物ですから、私は2個ずつまとめ買いして送料を節約して最安値を実現する派です。

それと、まとめ買いする理由がもう1つあります。セラのピーリングローションは在庫切れになることがあるのです。手持ちが無くなる直前に注文しようと思ったら在庫切れで数ヶ月待ち、なんてことになってしまったら悲惨です。その間ニキビ増えますから。。なので私は最後の1本が半分くらいになってきたら、新たにまた2本注文というサイクルで安全確保です!

※実際この記事を書いている2017年4月6日時点で、セラのいくつかの商品が在庫切れになっています。本来はここで紹介したピーリングキットと、洗顔料・化粧水・乳液・美容液が全てセットになった商品もありオススメなんですが在庫切れです。
セラの化粧水【セラVCローション】はビタミンC誘導体を7%という高濃度で配合していて、ニキビに効果バツグンなんです。私はピーリングとビタミンC化粧水のダブルでニキビを予防しています。
その辺の話に興味のある方はコチラの記事もご覧頂ければと思います:セラVCローションとピーリングで治らないニキビを治す!

 

 

セラのピーリングキット購入はこちらから(CELLA COSMETICSの公式ページ)

セラMDピーリングキット画像

 

 

 

セラMDピーリングキットについては、別の記事でもご紹介しています。
ケミカルピーリングでニキビは治る!激安料金でピーリングする2つの方法
セラVCローションとピーリングで治らないニキビを治す!

 

 

②位 セルピュア ピーリングフォーム


セルピュア ピーリングフォーム

 

皮膚科レベルの自宅ピーリングおすすめランキング2位はセルピュアのピーリングフォームです。こちらも1位のCELLAのピーリングキットと同じく、専門機関で行われているピーリングを基に開発された、ホームピーリングケア商品です。

Cell Pureは皮膚科医監修のコスメです。監修ドクターは、人気の東京銀座スキンケアクリニック院長・三浦麻由佳医師。テレビや雑誌に多数出演するお肌のスペシャリストです。

セルピュアのピーリングフォームのは、1位にランキングしたセラのピーリングよりは、少しマイルドな仕様になっています。ガッツリ皮膚科レベルのピーリングをやりたいならセラ、少しマイルドにピーリングするならセルピュアを選ぶと良いでしょう。

 

特徴

  • サリチル酸とグルコノラクトン(第2世代AHA)を配合したピーリングフォーム。
  • 弱酸性の泡でパックしながらピーリングするタイプです。
  • 多くの肌タイプの方が安心して使えるよう、肌への優しさを心がけたピーリングフォームで、敏感肌の方も使えます。

 

使い方

セルピュア・ピーリングフォームの使い方です。週に1〜2回の使用が目安です。

  1. ポンプタイプで泡のまま出てくるピーリングフォームを、洗顔後の顔に乗せていきます。
  2. 5〜10分放置します。途中泡がなくなったら、ピーリングフォームを追加して載せます。
  3. 水かぬるま湯ですすぎます。
    ※毎日使うこともできます。毎日の場合は5〜10分放置せずに洗顔するようにピーリングします。

 

料金

  • 容量:150ml
  • 価格:5,400円(税込)

 

セルピュア ピーリングフォームの購入はコチラ

セルピュア ピーリングフォーム

 

 

セルピュア ピーリングフォーム

 

 

 

 

 

 

③位 薬用アシィドローションEX

【 薬用アシッドローションEX 】

皮膚科レベルの自宅ピーリングおすすめランキング3位は、キャシーズチョイスの薬用アシィドローションEXです。

こちらは、ふきとり化粧水ですので、1位セラ・2位セルピュアに比べてお手軽に毎日使うことができます。

 

 

特徴

  • ピーリング成分「グリコール酸」と「サリチル酸」が配合された、ピーリング効果のあるふきとり化粧水
  • ニキビのダメージに有効な植物由来成分を7つ配合(アラントイン、ローズマリーエキス、アロエエキス、チョウジエキス、オウゴンエキス、ダイズエキス、ドクダミエキス)

 

使い方

  1. 洗顔後、コットンに薬用アシィドローションEXを500円玉大程度含ませます
  2. 毛穴の奥の皮脂を溶かし出すようなイメージで、やさしくふきとります

 

料金

  • 容量:120ml
  • 通常料金:4,500円(税抜)
  • 定期購入:初回2,250円(税抜)、2回目以降3,600円(税抜)
    ※定期購入は3回以上の継続が条件

 

薬用アシィドローションEXの購入はコチラ

【 薬用アシッドローションEX 】

 

 

 

マイルドピーリングおすすめ4選

本格的なピーリングはコワイ、ソフトにやってみたいという場合は、マイルドピーリングから試してみるのも良いでしょう。

これまで美容皮膚科やエステサロンでケミカルピーリングを受けたことがあるけど、効果が無かった、逆にニキビが増えたという方でも、マイルドピーリングでしたら結果が変わってくる可能性があります。

 

テンデシカ-Tendecica-

肌を痛めず優しくこすらない洗顔。なのに角質も毛穴汚れも落とす!というコンセプト

  • 天然のフルーツ酸で優しく角質をオフ。
  • 天然由来のアミノ酸洗浄剤で、肌を守るベールを保護しながら洗う。
  • 炭酸泡が毛穴の奥に入り込み、はじけて汚れをかき出す。

価格:3,200円
☆定期購入なら初回半額、2回目以降20%オフ。(定期購入は6回以上の継続が条件)
☆最安値は10本まとめ買い。(1本あたり1,920円)

濃密炭酸泡<テンデシカ>

 

 

Sing(シング)

濃密炭酸ポイップで4役(洗顔、ピーリング、パック、保湿)を1本で完結できるお手軽さ。

  • 天然のフルーツ酸が配合されているので、マイルドなピーリング効果が期待できます。
  • 炭酸ガスで毛穴の汚れやくすみを落とし、さらに血行促進でワントーン明るい肌へ。
  • オーガニック成分による保湿パックで潤い肌へ。

価格:1,800円(税抜)

 

オーガニック炭酸ホワイトパックSing(シング)

 

Remei インバスピーリングジェル

リメイのインバスピーリングジェル。最大の特徴は、お風呂で濡れた肌にも使えるところ!
実際、自宅でピーリングをするときに面倒だな〜と感じるのは、一度濡れた顔をタオルで拭き取らないといけないことなんですよね。

その点、このインバスピーリングジェルは 、濡れた顔にそのまま使えるのでバスタイムのホームピーリングにぴったりです。

価格:1,980円(税抜)


インバスピーリングジェル

 

白ニキビ用ピーリングパック チュルン

ニキビの原因は毛穴の詰まりと超乾燥肌という点に着目し。
肌への刺激の少ないマイルドピーリングによる「肌サイクルの正常化」と、「徹底保湿」をコンセプトにしたニキビ用ピーリングパックです。

3ヶ月定期コース:1本4,338円(税抜)
さらにお得になる6ヶ月コース、12ヶ月コースもあり。

チュルン
白ニキビ用ピーリングパック【チュルン】

自宅で出来るピーリングおすすめランキングまとめ

  • 皮膚科レベルの自宅ピーリングTOP3
  • マイルドピーリングおすすめ4選

をご紹介しました。

美容皮膚科などのケミカルピーリングと同等の効果を期待する方は、迷わず1位の「セラMDピーリングキットⅡ」でOKです!

自宅ケアでは少しマイルドなピーリングなら、2位のセルピュア

お手軽に、ふきとり化粧水で毎日ピーリングをしていくなら3位の薬用アシィドローションでしょう。

  1.   セラMDピーリングキットⅡ
  2. セルピュア ピーリングフォーム
  3.  薬用アシッドローションEX 

 

本格的なピーリングには抵抗がある方、未経験の方、肌の調子が思わしくない方は、マイルドピーリングおすすめ4選の中から、ご自身に合いそうなものをチョイスしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

ケミカルピーリングでニキビは治る!激安料金でピーリングする2つの方法

ケミカルピーリングでニキビが治る!安い料金でピーリングする2つの方法

※追記:ご報告

自分自身のニキビを治すため、情報収集のために始めたこのブログですが、遂に憎きニキビを治すことができました!

初期大人ニキビ写真右 → 治した大人ニキビ写真右

このブログでは私が調べたニキビ対策の情報を色々紹介しています。しかし実際に私が実践した方法は3つでした。その3つの方法をコチラの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

私がニキビを治した3つの方法




ケミカルピーリングでニキビは治ります。もちろん誰にでも当てはまるわけではないと思いますが、少なくとも私はケミカルピーリングでニキビが劇的に改善した経験があります。

ですから本来であれば美容皮膚科に通い続けて、ケミカルピーリングを受け続けたいのですが、料金が高いというハードルがあるのです。

このページでは、どんな肌質の方にケミカルピーリングが合うのか?そしてピーリングによってニキビを治せるのか?私の経験と肌タイプをご紹介します。

また料金が高くてケミカルピーリングを受けられないときに嬉しい、激安料金でピーリングができる方法をご紹介します。

 

 

ケミカルピーリングでニキビは治る!

ニキビを治す方法は、何が一番効果的なのか?

それは人それぞれ肌質や体質が違いますし、薬や洗顔料・化粧品との相性もありますから、コレです!と断言することは誰にもできません。ですからニキビが治ったよ〜という口コミやブログを見たときに、書いている人の年齢や性別や肌質などが自分と近そうな情報を選ぶのが1つの方法ですよね。

私がニキビを治すのに一番効果が高いと思っている方法は「ケミカルピーリング」です。これは私の経験ですから、当てはまらない方もいらっしゃると思いますが、私と同じようなニキビの悩みを抱える方の参考になれば幸いです。

 

 

ケミカルピーリングの効果

高校生の頃から現在に至るまでの約15年間、私はニキビに悩まされてきました。様々なニキビケアを試し、色々なスキンケアグッズを使いました。中でも一番効果が実感できたのは「ケミカルピーリング」でした。

これまでで一番ニキビがヒドかった時期は、24~25歳くらいのときです。文字通り、顔中がニキビだらけ。赤ニキビ・黄ニキビのオンパレード。大きい目立つニキビだけでも30〜40個。小さいニキビやニキビ跡まで入れたら100個は常にあったと思います。

なんとかして治したい!と思い、最初はニキビ用の化粧品を使っていました。美容部員さんに言われるがまま、男なのにクレンジングフォームを使って汚れを落とし、洗顔料で洗顔し、化粧水・美容液・乳液・クリームを塗りたくります。泥パックみたいなのも週に1〜2回やっていました。

その結果、どんどんニキビは悪化していきました。

「治る前には一時的にニキビは増えるんですよ。肌の奥に隠れていたニキビが一気に出てくるんです。これが落ち着けば治っていきますから、頑張りましょう。」

そんな美容部員さんの言葉を信じて、高い化粧品ラインを使い続けました。半年くらい続けたでしょうか。全く治りませんでした。

当時の写真はありませんが、こんな感じの大きい赤ニキビが顔全体に広がっていました。(これは最近の写真です。しばらくピーリングをやらずにいたら再発してきました)

ケミカルピーリングでニキビが治る!激安料金でピーリングする2つの方法写真画像

 

 

さすがにダメだなと思い、ニキビ治療に定評のある皮膚科を探して受診しました。そこでケミカルピーリングを受けます。

3ヶ月間で7回程やりました。その間にはそれまで使っていた化粧品の使用は中止しました。(高かったけど、、、総額ウン十万かな。。。w)

その代わりに定期的なケミカルピーリングと、皮膚科で購入できるビタミンCの化粧水、そしてディフェリンゲル(ニキビ用の薬)を使いました。

結果、劇的に改善!本当にウソのようでした!あれほどニキビだらけだった自分の顔から、ニキビが消えたのです。

ケミカルピーリングでニキビを治すことができたんです。

ニキビケミカルピーリング効果

 

当時通った皮膚科にはホント感謝でした。ビックリするくらいの効果があり、皮膚科医の先生もちょっとビックリしてたくらいです。

ケミカルピーリングで、こんなにも劇的にニキビが治るタイプの人間もいるということです。どうやら私はそのタイプどんぴしゃだったようです。

 

ケミカルピーリングが効果的な肌質は?

私の肌質にピーリングが合っているのだと思います。ちなみに私の肌タイプがどんな感じかというと、

  • 脂性肌・オイリー肌という分類に入るのでしょう
  • 寝起きの顔には油が浮いて光って見えます
  • 朝洗顔をしても昼頃には顔がテカってきます
  • スマホで電話をした後は、画面は油でべっとり。通話後は必ず衣服で画面を拭きます。2日に1度はウェットティッシュでスマホを拭いてあげます。
  • PCのキーボードも2日に1度はウェットティッシュで拭きます。無意識に顔を触ってしまうことも多いので、キーボードも脂っぽくなってしまうからです。

オイリー肌脂性肌ケミカルピーリングニキビ

 

 

肌タイプは、乾燥肌・脂性肌の他に、混合肌というものがあるそうです。
混合肌は、乾燥肌が原因で脂性肌になっているタイプなのだそうです。肌が乾燥しているから、乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されて、脂性肌っぽくなっている状態なのだそうです。

ですから混合肌の人は、保湿ケアが重要なのだそうです。しっかり保湿をして乾燥を防げば、余分な皮脂が分泌されないからということですね。

 

顔が脂っぽい、という結果だけ見ると、脂性肌なのか混合肌なのかはよく分かりません。

しかし私の場合は、保湿系のスキンケア製品を使うと、肌の脂っぽさが助長されて、顔のテカりは増します。結果的にニキビも増えてしまうような気がしています。

 

私の肌質を言葉だけで伝えると、こんな感じです。
もしあなたが共感する点が多ければ、私の肌質に近いのかもしれません。ケミカルピーリングを試してみる価値アリです。

 

 

ケミカルピーリングの料金

私のニキビ経験からいうと、ケミカルピーリングはニキビにメチャクチャ効果あります!感謝してもしきれないという感じ。ニキビはピーリングで治るんです。

ただし欠点が1つあります。
それは時間とお金がかかるということ。

私が通っていた皮膚科では、ケミカルピーリングとビタミンCイオン導入が1万5,000円程度でした。1回の料金です。ですから月に2回程度通うとなると、皮膚科の診察代や処方薬代を合わせて、月々3万円を越える出費になります。

当時は何が何でもニキビを治したかったので、月3万円という費用も無理して捻出していました。それでキレイな肌を手に入れられるなら安いものと思っていましたから。

 

ケミカルピーリングの料金はだいたいこんな感じ

  • 1回1万円前後
  • 2〜3週間に1度の施術が理想
  • 診察代やその他の費用と合わせて、月3万円くらいの予算感

 

でも、ずーっと毎月毎月3万円もかけてピーリングをしていくのは厳しくなり、やめてしまいました。そしたら案の定、再発です。おさまったいたニキビが再びできるようになってきました。(上の写真がその姿。。。涙)

また皮膚科にいってケミカルピーリングを受けたい!そうすればニキビが治る!
そんな思いとお財布事情との葛藤です。お金に余裕があるときは行けるんですけどね。
余裕がないときは諦めるしかありません。
でも諦めるとニキビが増えるという。。

何か良い方法はないものか?と探しました。そして2つの方法を見つけました

 

ケミカルピーリングを激安料金で行う方法

早速ご紹介していきます激安料金でピーリングができる2つの方法とは、

  1. エステサロンでピーリング
  2. 自宅でピーリング

の2つです。詳しくご紹介していきます。(ちなみにエステサロンは裏ワザ、自宅が本命)

 

エステサロンでピーリング

私の中ではケミカルピーリングといえば、美容皮膚科の保険外自費治療というイメージが強く、それ以外の選択肢を考えてもいなかったので、エステサロンでもピーリングが受けられることを発見したときは、ちょっとした新発見でワクワクしました。知ってる人からしたら常識だと思いますがww

費用面からいうと、エステサロンでのケミカルピーリングは、1回1万5,000円くらいが相場のようです。皮膚科と比べても同じくらいか、少し割高な印象です。その分サービスは充実しているサロンが多いみたいですが。

では、ピーリングを安くする方法の1つとして、なぜエステサロンを紹介しているかというと、エステサロンの多くは初回割引が充実しているからです!

とりあえず1回ケミカルピーリングを体験してみたい場合や、単発で1回だけピーリングをしたい場合は、エステサロンの初回割引で安くピーリングをするという手もあります。

たとえば、こちらのシーズ・ラボというエステサロンは、初回5,400円で施術が受けられます。施術内容もケミカルピーリング、ビタミンCイオン導入、パックとしっかりした内容。これで5,400円は激安だと思います。

 

ニキビ
ニキビ撃退フェイシャル
メンズニキビ
メンズニキビ撃退コース
 

ただしこの方法は、初回限定の割安料金を狙って、色々なエステサロンを渡り歩きましょう、というものですから大きな声でオススメできるものではありません。

こういう方法もあるんだな〜、くらいに留めておいて頂ければと思います。w

本当のオススメ激安ピーリング方法は、次の自宅ピーリングになります。

 

自宅でピーリング

ピーリングを最安値で行う方法は、間違いなく自宅でのピーリングです。皮膚科やエステサロンに通う時間もかかりませんし、かかる費用はかなり安く抑えられます。

さて具体的な方法ですが、自宅でピーリングを行うためのアイテムが売られていますので、それを使いましょう。

色々なタイプの商品が販売されており、洗顔料にピーリング成分が含まれているピーリング石鹸や、化粧水や美容液に含まれているものなどもあります。専用のピーリングジェルを顔に塗ってマッサージしながらピーリングしていくものもあります。

詳しくはまた「自宅で出来るピーリングおすすめランキング」的な記事にしてご紹介できればと思っています。
この記事では、実際に私が使ってみてオススメできる商品を1つご紹介します。

 

「自宅でピーリング」オススメの商品はコレ

市販されている商品の多くは、ピーリング効果はそれほど高くありません。メーカーとしてもピーリング効果を追い求めて、副作用などのクレームが増えることは避けたいので、あまり攻めた商品は販売できないのでしょう。

しかし私としては、皮膚科レベルのピーリングを自宅でやりたいと思っていますので、正直ほとんどのピーリング系の商品には物足りなさを感じてしまいます。

 

そんな中、皮膚科レベルのピーリングが自宅で実現できる商品がこれ!

セラMDピーリングキット画像  セラMDピーリングキットⅡ
CELLA COSMETICS:4,860円(税込)

CELLA COSMETICSから販売されているセラMDピーリングキットⅡです。

セラMDピーリングキットⅡの特長は、皮膚科レベルのピーリング処方を製品化している点です。
ピーリング成分のグリコール酸を12%の濃度で配合しており、ピーリング効果を最大限に引き出すためのpH調整、グリコール酸以外の最適な成分の配合がなされています。

皮膚科で施術されるケミカルピーリングには、グリコール酸をはじめ、乳酸、トリクロロ酢酸、フェノール、サリチル酸マクロゴールといった酸性の物質が用いられます(皮膚科によって様々)が、多くはグリコール酸が使われています。

他社のホームピーリング系の商品では、グリコール酸は高くても10%程度の濃度なので、セラのホームピーリングセットは高いピーリング効果が期待できるというわけです。

 

セラMDピーリングキットⅡの使い方

セラMDピーリングキットⅡは、

  • セラ MDローション(グリコール酸を含むピーリング化粧水)
  • 計量カップ
  • 専用ブラシ

がキットになっています。

素手で「セラMDローション」を手に取り、顔に塗ることもできますが、軽量カップと専用ブラシを使った方がやりやすいです。誤ってピーリングローションを出しすぎたり、指の間から垂れたりして、もったいないことをしたくない人は特に。
またブラシを使えば、ニキビが出来やすい箇所に重点的に塗ったり、重ね塗りしたりできます。
ついでに言うと、ブラシの肌触りがクセになる気持ちよさなので、そこもGOODです。

 

セラのピーリングを賢く安く買う

セラ MDローションはキットではなく単品でも売っていますので、2本目以降のリピート購入のときは、カップとブラシは何個も必要ありませんので、単品で購入すればOKです。

 

セラ MDローションセラ MDローション

CELLA COSMETICS:4,320円(税込)

ちなみに購入するときは、5,400円以上で送料が無料になりますので、ピーリングキットとMDローションをまとめて買ってしまうと送料無料で買えます。

どうせ使う物ですから、私は2個ずつまとめ買いして送料を節約する派ですww

セラMDローションは25ml入りで、1回に1〜2ml使います。人によって差がありますが1本で15〜20回くらいピーリングできます。
ピーリングの頻度は、週に1〜2回ですので、1本で3ヶ月くらいは使える計算です。2本まとめ買いしておけば半年分ですね!

半年分のピーリング料金が1万円以下の計算ですから、まさに激安ピーリングなのです。

 

セラのピーリングキットはこちらから購入できます(CELLA COSMETICSの公式ページへリンクします)

 

※注意※

セラのピーリング用品は、ちょくちょく在庫切れになります。欲しいときに手に入らないとツラいので(ニキビを予防できない)、在庫があるときにまとめ買いしておいた方が良いですよ。

 

まとめ

人それぞれ肌質が違いますし、体質や化粧品の成分に対する反応も違いますから、100人中100に当てはまるわけではありません。

しかし私のように、ケミカルピーリングがニキビに効果があり、ケミカルピーリングでニキビが治るというタイプの人間も実在しております。

できることなら皮膚科に通ってケミカルピーリングを受け続けたいのですが、それには時間も費用もかかります。

手間をかけず、なるべく安い費用でケミカルピーリングをしたいなら、自宅で出来るピーリングジェルなどを活用するのがベストです。

皮膚科レベルのケミカルピーリングを自宅で実現したいなら、セラのピーリングキットがオススメです。

 

セラMDピーリングキット画像  セラMDピーリングキットⅡ